建築設計ご相談センター 工場設計 美術館設計 研究所設計 大規模修繕  建築設計「老有自」 

研究所設計

DIC総合研究所内 研究1・2号館(建築竣工写真より抜粋)


①この研究所のイメージを象徴する「3つのS」シンプル・シャープ・清潔を基に建物のデザインを展開することにしました。
②この研究所では実験台の配置におけるフレキシビリティに優れた3.2mグリッドが採用され、それが建物の柱間寸法となっています。窓際にある研究員のデスクワークゾーン用にサンコントロールひさしが設けられ、快適な居住環境を確保しています。ルーバーひさしの上には火災時の排煙窓やドラフト局排用新鮮空気取入口が設けられています。バルコニーは消防隊進入口兼所員用避難バルコニーです。
③ルーバー天井は改修時には取外しができ、下から天井内配管の不具合も点検できます。
ドラフトは高価なダクトを最短にするため、背面ダクトスペースに密着した配置になっています。
④廊下両側壁面には電灯盤・緊急アイシャワー・救命用具・薬品棚、ダクト・パイプスペース・清掃用具等々の設備が収納されています。
⑤屋上を見れば、建築計画のレベルがわかります。ダクトスペースから立ち上がった局排ダクトは屋上建屋(写真中央)を経て、システム化された屋上架台ゾーン上に整然と並べられたブロアーに連結されています。

DIC蕨工場内 技術実験棟(建築竣工写真より抜粋)


①工場内の中央広場に面した北面。21世紀に向けた技術棟というイメージを視覚化するため、建物外壁コーナーなどにアール面を取り入れ、柔らかい表情にしています。
②研究所計画には、必要不可欠な局排用新鮮空気取入口が窓上ひさしに内蔵されています。
③東側の玄関ひさしにもアールを取り入れ、この意匠のシンボルとしています。
⑤実験室へのエネルギー供給は天井からを原則とし、排水は床ピットへと流されます。
⑥屋外パイプラックから建物内の1階廊下天井へ、各種エネルギーが供給されています。

(財)川村理化学研究所内 事務・図書・食堂棟(建築竣工写真より抜粋)


①事務管理棟の1階は事務及び打合せ室、2階は大会議室と役員室になっており、前面には人工の流れと池を造り、憩いの場所にしています。
②右側ガラス張りの階段室の下が吐水口となっており、玄関ホールにはブリッジを渡って入ることになります。
③画面奥から食堂・社員クラブ・和室となっており、研究員間のコミュニケーションスペースとしては欠かせない場所になっています。

無料小冊子プレゼント中です!
以下のものからクリックし、是非お問い合わせ下さい!
研究棟計画の設計ノウハウ

研究所計画のチェックシート

contents menu

工場・研究所などの新築をお考えの方97のチェックシート差し上げます

設計相談会実施中!

工場・研究所・美術館の 
建築設計ご相談センター
まずは相談してみませんか?
【無料設計相談受付中】
 

相談料は頂いておりません。

インターネットで

無料WEB設計相談

お電話の予約受付

03-3381-3949

(株)建設設計「老有自」

〒164-0014
東京都中野区南台3-34-18
TEL:03-3381-3949